iPhoneバッテリーの劣化を防ぎ長持ちさせる方法

長期使用では避けられないiPhoneの電池劣化

iPhoneを使用し続けていれば内臓の電池は必ず日々劣化していってしまいます。

それでも少しでもiPhoneのバッテリーパワーの低下を避けて、電池を長く持たせる方法を紹介します。

iPhone内臓電池の劣化と寿命(耐用年数)

Appleの公式サイトには下記の記述があります。

iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています。

ここでいう「フル充電サイクルを500回繰り返した時」とは

フル充電(100%) → 電池切れ(0%)

のサイクルをを500回繰り返した時という事です。

仮に毎日1回のペースでフル充電サイクルを繰り返した場合、
1年4ヶ月半後にはバッテリー容量は新品時の80%程度まで低下している事になるはずです。

iPhoneのバッテリーはこまめに充電

実際にiPhoneを使用されている方の多くは、上記のようなフル充電サイクルではなく、ある程度まで使用したら充電、つまり

フル充電(100%) → ある程度使用(50%)

といったようなサイクルで充電をされているかと思います。
実はそのような使用法のほうが、iPhoneのバッテリーの劣化を遅らせる効果があるのです。

iPhoneのバッテリーに採用されているリチウムイオン電池は、充電、放電のサイクルを繰り返す事で劣化が進行して行きます。

その際にバッテリーの残量がより減った状態で充電を行うほど、バッテリーの劣化を大きく進行させてしまうのです。

つまり、iPhoneの充電に関しては、使い切ってから(電池切れになってから)よりも、ある程度減ったらこまめに行うのが良いでしょう。

iPhoneのフル充電状態を維持しない

フル充電に近い状態を維持すればするほど、iPhoneのバッテリーの劣化は進行してしまいます。

なので、iPhoneを100%まで充電しないというのも、バッテリーの劣化を防ぐ有効な手段です。

iPhoneのバッテリーを高温にしない

電池が高温になると劣化が早く進んでしまいます。

冬場の外よりも真夏の炎天下のほうがバッテリーは劣化しやすいという事になります。

体温で温度の上がりやすいパンツのポケットにiPhoneを収納するよりは、カバンの中のほうが電池の劣化はすこしだけ遅くなるかもしれません。

iPhoneのフル充電後に電源ケーブルをつないだままにしない

就寝中等にiPhoneを充電器に挿したままにするのは、バッテリーの劣化の事を考えると、実はお勧め出来ません。

フル充電完了後にも電源ケーブル(Lightningケーブル,30ピンケーブル)をつないだまましておくと、過充電となってしまい、これもiPhoneのバッテリーに負荷を掛ける原因となってしまいます。

電源ケーブル(Lightningケーブル,30ピンケーブル)をさしっぱなししておくと、上記の高温状態にもなりやすく、さらに劣化を進める事となってしまいます。

フル充電後は電源ケーブル(Lightningケーブル,30ピンケーブル)を抜くようにしましょう。

iPhoneバッテリーを長持ちさせるには

1.50%程度まで使用したらこまめに充電。

2.80%程度までしか充電しない。

3.常にiPhoneの温度を低く保つ。

上記をまもればiPhoneバッテリーを長持ちさせる事が出来るはずです。

が、これはなかなか実践するのが難しいと思います。そこで

1.ある程度まで使用したらこまめに充電。

2.充電が終わったら充電器に挿したままにしない。

3.極端に暑くなる場所(駐車時の自動車内等)にiPhoneを放置しない。

現実的にはこのくらいを意識すれば、ある程度iPhoneのバッテリーパワー低下を防ぐ効果は期待出来ると思います。

それでも使用していれば少しづつ劣化は進んでしまいます。
そんな時には街のiPhone修理店でバッテリー交換を頼むのも1つの手段です。